Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

在庫あり

YK-11 5mg 100 Tabs (SARMS)



$85

YK-11 5mg 100 Tabs (SARMS)

YK11 
10-30㎎/朝に一回と夕方に一回の2回に分けて摂取
8-12週腱の連続投与後PCT期間に4週間+OFF期間に4週間を経た後再度サイクルに入ります。
*PCT必要
(PCTで必要な製剤)
サイクル後の4週間 ノルバデックス クロミッド(PCTプラン)
1〜2週目 ノルバデックス40mg /日 クロミッド50mg /日
3〜4週目 ノルバデックス20mg /日 クロミッド25mg /日
ノルバデックス42錠+クロミッド21錠が必要となります。

YK-11とは何ですか?
YK-11は体内の強力なミオスタチン阻害剤として働き、遺伝的潜在力をはるかに超える筋肉発達を可能にします。
どのように機能するのかは、アンドロゲン受容体に結合し、筋肉細胞がより多くのフォリスタチンを産生するように誘導し、その結果体内のマイオスタチンを阻害し、結果としてより全体的な筋肉の成長をもたらす。
フォリスタチンおよびミオスタチン
フォリスタチンについて聞いたことがない人は、マイオスタチンの阻害剤であり、最終的にはすべて筋肉の成長であると提唱されています。
マイオスタチンは骨格筋量の調節因子として働き、身体がどれだけの筋肉を成長させるかを制限する。
興味深いことに、遺伝的に才能のあるボディビルダーは体内でマイオスタチンのレベルが非常に低いことが判明しています。私たちが推測することができるのは、彼らが筋肉にこんなに優れた能力を持っている理由です。
マイオスタチン阻害剤とは何ですか?
マイオスタチンは本質的に身体の筋肉が過剰に成長するのを防ぎますので、ミオスタチン阻害剤はマイオスタチンが体内にどれだけ含まれているかを抑えることができる化合物であり、それによって以前の筋肉構築基準をはるかに上回ることができます。
これはもちろんすべて理論的ですが、科学は健全であり、最も筋肉質な個体が体内に最も少ないミオスタチンを有するように見えるという偶然性を否定するものはありません。
その結果、YK-11がFollistatinを正常に上げることができれば、YK-11はそれ以外の方法では達成できないはずの筋肉量を大幅に増やすことができるようです。
YK-11からどんな利点が期待できるか
• 保水性のないリーン・サイズ・ゲイン
• 筋肉のサイズと強度の増加
• 筋肉硬化
• フォリスタチンレベルの上昇
• マイオスタチンレベルの阻害
• アナボリックステロイドの副作用がない
• おそらく筋肉量の増加に関してあなたの体の遺伝をはるかに上回ることができます
• SARMs、ステロイド、またはHGHとはまったく異なるメカニズムを介して筋肉を生成するため、追加の筋肉成長とシナジーのために理論的に任意のサイクルに追加することができます
• 増加した筋肉の充満およびより良いパンプ
YK-11と他のSARMとの比較
YK-11は、SARMsと同様に筋肉や骨のアンドロゲン受容体に選択的に結合します。なぜなら、SARMsであると主張する人が多いようです。
アンドロゲン受容体に結合した後、それは、リーン質量増加を促進する組織選択的同化活性を発揮する。
LGD-4033やRAD-140は、仕上がりは、より保水性が高い傾向がありますが、YK-11での仕上がりではリーンでドライな効果があります。
しかし、YK-11の化学構造はSARMと大きく異なり、実際にはDHT(ジヒドロテストステロン)の化学構造によく似ています。
YK-11がステロイドであると言うのがより正しいでしょう。それがSARMsであると言うと、 残念なことに、現場では非常に新しい化学物質ですので、それがどういうものかはっきりとは分かりません。この化合物についての結論は真の科学ではなく個人的な意見に基づいています。
確かですが(科学に基づいている話です。)YK-11のFollistatin生産に対する独自の効果は、SARMsとは全く異なり、DHTに変換する最も一般的なアナボリックステロイドよりも数倍高いFollistatinレベルを増加させることが提案されています。
YK-11は、必ずしもSARMsより優れているか悪いわけではありませんが、これは筋肉の成長を誘発する完全に別個のメカニズムを介して機能するためです。
YK-11は完全に別個の経路を介して筋肉の成長を増強するので、全く異なる方法で筋肉の成長を引き起こす他のアナボリックよりも強くて弱いのではなく、それに沿って最も効果的であるものを見つけることがより生産的になります。
これは、リンゴとオレンジをYK-11と比較するのと似ています。なぜなら、今のところ同じカテゴリには何もないので、それを他の筋肉構築エージェントと比較することはできません。
YK-11副作用
YK-11はメチルエステルを持っていますが、メチル化化合物を持っているかもしれないし、持っていないかもしれないので、肝毒性があると考えた方が良さそうです。
しかし、私は個人的には、肝臓毒性に関して非常に穏やかであることをYK-11に証明することができます。
いずれの数値もほとんど、心配する理由はなかった。
ロングのSARMsのサイクル(例えば12週間)でも問題なく使用が可能です。
それ以外にも、YK-11はとても新しいものであり、この物質が何をするのだろうと推測することができる仲間科学者の事例記録以外の徹底的な検査もないため、他に明白な副作用はない。
YK-11の投与方法
限られていますが、私はYK-11でいくつかの経験があり、この化合物が期待していたメリットを生み出すには10mgで十分であることがわかりました。
しかし、私はその用量からいたずらに増やして、副作用なしにより大きな効果を達成できるかどうかを見ていませんでした。
YK-11(私がそれを知っていればあなたに伝えたい)でのリターンの減少の水準は本質的に不確定です。
YK-11の投薬プロトコルには何も設定されておらず、実際には文字通り、一番良い用量が何であるかが決定されるのは、事例研究を通してです。
あなたは自身の裁判官のように正確に判断しなければなりませんが、10mgはほとんどの研究者にとって非常に良い出発点であるようですが、私の個人的な経験もこれに対応しています。
負の副作用なしに1日当たり30mgの高容量摂取している友人がいますが、摂取量と効果に比例するがの如く、彼は間違いなく大幅な筋肉量の増加を見せました。
筋肉量の増加する平均は体脂肪率の明らかな増加なしで約10-15ポンドである。
Yk-11の半減期は分かっていないので、私はできる限り多くの回数を小分けして摂取しました(1日に2回、朝に1回、夜に1回、各5mgを2回服用しました)。
YK-11がどのくらいの期間血流にとどまっているかは誰も知っていないので、毎日広がる複数の投薬戦略によって可能な限り一貫して血中濃度を上昇させるのが理想的かと思われます。
YK-11はPCTを必要としますか?
はい。
それはわずかな内因性ホルモンバランスに抑圧を引き起こすようですので、PCTへのアプローチは、伝統的なステロイドサイクル、または厳しいSARMサイクルに向けて取るアプローチと同じでなければなりません。

非常に生産的なバルク・フェーズのサンプル・サイクルを以下に概説します。
週1-12: LGD-4033 10-20mg /日(1日1回)
週1-12: MK-677 1日25mgを1日1回投与する
週1-12:1日あたり10mgのYK-11を 1日2回に分割する。 AMに5mg、PMに5mg

Back to Top
Product has been added to your cart