Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

在庫あり

Methyltrienolone 500mcg x 100tabs(EVOLIX)



$52

Methyltrienolone 500mcg x 100tabs(EVOLIX)
メチルトリエノロン


アナボリック/アンドロゲニック 比率 : 12,000+/6,00+

効果的摂取量(男性)500-2000mg/日

効果的摂取量(女性)お勧めしません。

効果期間: 4-6時間

検出期間: 6週間+

メチルトリエノロンとも呼ばれるメトリボロンは、高度な乳癌を治療するためにもともと1960年代に開発された強力な経口同化ステロイドである。しかし、それは身体、特に肝臓へのその過酷な副作用のために、市場から素早く取り除かれました。したがって、今日ではそれは研究でのみ使用されています。

大部分のステロイドと同様に、ボディビルダーやアスリートはこのステロイドを実験してきましたが、その希少性のために、人気はそれ程ありません。

目次

◾1オリンピック

◾2事実

◾3経口トレンボロンとの比較

◾4副作用

◾5投与量

オリンピック

Metriboloneは、ギリシャのウェイトリフティングチームの11人のメンバーと、彼らの陸上競技チームの4人のメンバーが2008年の北京オリンピックの前にポジティブにテストするステロイドとして最もよく知られています。。

事実

おそらく、唯一の良いニュースは、メトリボロンが芳香族化していないか、エストロゲンに変換しているということです。しかし、それは極めて肝毒性であり、同時に最も重い経口ステロイドの2または3を積み重ねることに匹敵する可能性がある。事実、研究では、実験的ラットがこのステロイドを濫用レベルで投与された場合に臓器がんを発症することが示されています。明らかに、我々は、このステロイドが17αメチル基の結合を有していることを推測することができ、それは肝臓にひどい緊張を引き起こす。

さらに、メトリボロンは19nステロイド(トレンボロンまたはデュラ・ジュラボリンのような)でもあり、すべての組織で同等に良好に結合する能力を有する。したがって、それはアンドロゲン受容体を研究する大学では素晴らしい選択です。実際のところ、それは代謝に耐性があり、実験結果に干渉しないため、70年代から動物の研究に使用されてきました。興味深いことに、人間に対する臨床研究はもはやその危険性のために選択肢にはなりません。

経口トレンボロンとの比較

フォーラムに参加している多くの人々が、metriboloneと経口トレンボロンを比較し、オンラインステロイドのgurusは、metriboloneが「最も強力なステロイド」であると主張します。彼らは正しいのですか?

最初の違いは、経口トレンボロンが17-aaではなく、メトリボロンが大きなメチル化されていることです。さらに、紙面での数字でのmetriboloneは通常のテストステロンより数百倍も強力なように見えるかもしれませんが、紙面上の数字は誤解を招く恐れがあります。。

副作用

前述したように、メトリボロンはエストロゲンに芳香化しませんが、これは難しい問題です。例えば、アナドロールは、芳香化しない別の経口ステロイドであるが、依然としてエストロゲンと結合する。その間に、プロゲスチン受容体にはメタボロンが結合しますが、これはプロゲスチンではないためです。したがって、エストロゲンに対する芳香化作用がないにもかかわらず、プロゲスチンを基調とした女性化乳房になる可能性があります。

さらに、その強さのために、メトリボロンは、そのようなアンドロゲン側を攻撃性、にきび、および男性型の脱毛症のように引き起こす。それだけでは不十分であれば、一般的なステロイド関連の問題もあります。これは心臓の緊張と抑圧です。

女性の場合、それは顕著な男性化症状を引き起こすので、女性運動選手はメトリボロンを絶対に避けるべきです。

最後に、肝障害は、17-aaであるだけでなく、肝臓代謝に対して高度に耐性があるため、メトリボロンで容易に起こり得る。したがって、この化合物を実行することを選択した場合、肝臓を補助する優れたサプリメントが必要であり、使用中および使用後の両方で血液検査を行う必要があります。覚えておいて、それは容易に存在する肝臓毒性のステロイドです!したがって、強力なサポートサプリメントが重要であり、ウルソもしくはシリマリンを日に3回投与することをお勧めします。

投薬量

Metriboloneを試みるのに1日に0.5mg(mgs)~2mg摂取します。サイクル期間については、3〜4週間を超えてはいけません。

Metriboloneには、半減期が約4-6 時間と、短時間であるし、その上、肝臓への大きな負担がある

というネガティブな点がありますが、EVOLIX社ではMetriboloneの進化型製剤を開発しました。

経口投与された薬剤は腸から吸収された最初に肝臓へ移行し、代謝された後に血液中へと移動します。

このように吸収された薬が最初に肝臓を通り、代謝を受けることを初回通過効果といいます。

肝臓によって代謝を受けやすい薬物の場合、初回通過効果によってほとんどが分解されてしまいます。

そのため、医薬品開発の際には初回通過効果も考慮する必要があり、多くの経口ステロイド剤はalpha17位にメチル基
を付加する事で代謝されないで薬効を発揮させるのですが、肝臓への大きな負担をかける結果に繋がります。

腸からの吸収を考えなくても良い薬の投与方法によっては初回通過効果への影響を与えない方法として注射薬があります。

alpha17位にメチル基を付加した製剤では、注射剤として摂取しても肝臓へのストレスとはなり得ますが、経口投与より負荷を軽減しまた薬効をフルで発揮できる事で、半減期を伸ばして、一日に一度の注射で可能な製剤がMethyltrienolone Depotとなります。

Back to Top
Product has been added to your cart