Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

在庫あり

IGF-1des(1−3) 1mg + Injection water ample



$60

**日本へのお客様**
注射剤として発送品が税関で見つかった場合、2020年より薬監証明の提示を求められます。
薬監証明ご用意出来ない場合は発送元に返送する手続きを行ってください。商品が当社に到着後、お知らせしますので再度発送料金をご入金頂いた後、再発送させていただきます。

**この商品は販売後の、返金には応じられませんのでご理解の上ご購入下さい。

IGF-1des(1−3) 1mg + Injection water ample

製品説明
インスリン様成長因子-1DES注射の素晴らしい効果を紹介します。
IGF-1 DESとは:
IGF1-DESは、体が自然に作るインスリン関連またはインスリンアナログです。それは主に肝臓のホルモン系に影響を及ぼし、エネルギーと脂肪の減少を調節します。 IGF1-DESはまた、細胞産生を促進し、老化防止または組織損傷を助けることができます。

IGF-1 DESは、IGF-1およびその対応物よりも強力です。これは、IGF-1 DESのチェーンの持続時間が20〜30分であっても、長期的にはより大きなメリットをもたらす可能性があることを意味します。つまり、IGF-1 DESは、IGF-1 DESを使用して、時間の経過とともに変化および変化することを確認したい筋肉に投与する必要があります。
IGF-1 DESは、筋肉によって形成されている乳酸に付着することにより、トレーニング中に組織の成長を刺激することができます。したがって、IGF-1DESがIGF-1の対応物よりもはるかに長く使用できる理由となります。

どのくらいのIGF-1DESを服用する必要がありますか:

典型的なプロトコルは次のとおりです。
あなたが成長を見たい局所領域へのIGF-1DESの1日複数回(朝、昼、トレーニング直前、晩)の50-150mcg/日。
たとえば、IGF-1 DESを大腿部に投与する場合は、その領域に直接注射します。

IGF-1 DESの副作用は何ですか:

IGF1-DESは、すでに癌を患っている患者の腫瘍サイズを増加させる可能性があります。がんを患っていない人には影響しませんが、長期間使用すると腫瘍が発生する可能性があります。低血糖症は、投与量の誤算または薬剤自体の過剰投与のために、IGF1-DESで起こりやすいです。非常に簡単に乱用される可能性があるため、これを頭痛に使用しないでください。
IGF1-DESのいくつかのプラスの副作用には、エネルギーとして使用するための脂肪の調節が含まれます。これにより、脂肪の減少、老化を遅らせ、プロセスの細胞減少を促進することによる老化防止の貢献がもたらされます。低レベルのIGF-1は、心不全、脳細胞の調節低下、ニューロン機能、筋肉組織の破壊に関連しています。したがって、IGF1-DESは、これらの問題領域の調節、栄養素の往復運動(別名タンパク質合成)の増加、神経組織の再生機能の増加、および筋肉細胞の過形成を引き起こして筋肉組織をより完全にする能力を高めるのに役立ちます。

des(1-3)IGF-1は天然の、内因性タンパク質、ならびに薬物であり、インスリン様成長因子1(IGF-1)の切り捨てられた類似体である。 des(1-3)IGF-1は、IGF-1のN末語で最初の3つのアミノ酸を欠いている(合計67アミノ酸の場合、IGF-1の70に対して)。
この違いの結果、IGF-1に対するインスリン様成長因子結合タンパク質(IGFBPs)および増強された効力(イン・ビボで約10倍)となって出来た素晴らしい効果を持つ製剤となりました。

**in vivo (イン・ビボ)とは、“生体内で(の)”という意味で、マウスなどの実験動物を用い、生体内に直接被験物質を投与し、生体内や細胞内での薬物の反応を検出する試験のことを指します。

IGF1DES の、使用方法を説明します。
必要な物としてIGF1DES 1バイアル とBacteriostatic 0.9%Sodium Chloride 10cc/vial と1mlシリンジオンリー x 10 、27G1インチの針=92円 x 20本で10日分となります。

このサイクルは最低でも、50日間継続する事が推奨されてます。

Bacteriostatic 0.9%Sodium Chloride 10cc/vial を1バイアル使用して、まず2ml程の注射用水をバイアルから吸い上げてそれをIGF1DES のバイアルに注入してよく溶解した後全てを吸い上げて、元のBacteriostatic 0.9%Sodium Chloride 10cc/vial に戻して良く混ぜ合わせます。

そうする事で、IGF1DES 1mg/10mlの注射液が出来上がります。

日に100μg使用するので1ml分となります。

これを朝。昼。トレーニング前、晩の時間帯の、4回に分けてその日トレーニングする筋群もしくは弱点箇所に向けて筋肉注射での摂取となります。

IGF-1LR3もしくはIGF-1DESを使用する場合基本的な使用量は一日100mcgですので10日間で1バイアル必要となります。
1サイクル6-8週間のサイクルで組まれるようでしたら、6週間×7日=42(5バイアル)8週間x7日=56回(6バイアル)
が必要になります。
必要となるシリンジは使用する日数分で良いかと思います。例えば56本でも60本
それと使用する針はIGF-1LR3の皮下注射での摂取の場合でしたら、27G 1/2の針、IGF-1DESで注射する用でしたら筋肉注射ですので27G 1インチの針を
使用するシリンジの倍の量をご準備ください。
何故なら針1つはバイアルへ注入したり吸い上げる用に使用して、実際に注射する際は新しい針で注射する為です。
Q:
②LR3, DESそれぞれの注射タイミング
(朝打つ場合は注射後も空腹にすべきか, 筋肉に打つ場合はトレーニングをする何時間前か後か等)
A:
LR3は
現在の主流は一日1回朝の起床後直ぐの空腹時にアミノ酸ドリンクだけ飲んで皮下注射してから一時間くらいしてから通常通りの朝食を取るようにします。
DESは朝の起床後直ぐにと、お昼とトレーニング直前と晩に4回に分けて注射摂取する事が最も効果的です。
かならずその日とレーニンングする筋群に向けて、もしくは弱点箇所に向けて注射します。
Q:
IGF-1LR3は皮下と筋注でどう効能が違うのか?
A:
LR3は以前までは筋肉注射で朝の起床後すぐにとトレーニング直後に筋肉注射して摂取されておりましたが
現在ではLR3ではなくDESの方が筋肉注射する事で局所肥大効果が高いことが分かっておりますので
LR3は長い半減期を持つ製剤ですので、浅野起床後直ぐに一日一回での皮下注射が主流となっております。
Q:
低血糖に陥らないための対策
A:
しっかりと、複合炭水化物を食べる事とブドウ糖などを常に携帯して低血糖症状のような汗がでたり、不安要素が現れた場合でもすぐに口にブドウ糖を
含ませて対応できるようにする必要があります。

IGF-1LR3もIGF-1DES同様の使用方法でも十二分に効果を発揮します。
またサイトインジェクションによる局所肥大についての薬効ですが以前までは
IGF-1LR3の局所肥大化が話題になっておりましたが、最近では局所肥大については
IGF-1DESとPEG-MGFのみが主流となっております。

LR3で局所肥大目指すなら浅野起床後すぐ似た後トレーニング直後に対象筋肉に注射します。

しかし目的としている筋群へ注射することで、効果の出現も早まるということはありますので
大胸筋、三角筋、三頭筋など特に発達させたい個所への注射は良い方法です。

IGF-1DESとIGF-1LR3の大きな違いは薬効時間にあります。
IGF-1LR3は薬効時間が長いため、最近では一日に一回皮下注射での接種で体内のすべての筋群へ
効果を発揮させる方法がよくとられています。

IGF-1DESは薬効時間が短いので、体内に流れて効果を発揮させたい個所にすぐに薬剤が到着することを目的に
サイトインジェクションを行います。
PEG-MGFは傷んだ筋群への修復という働きを狙って筋トレ後にその筋群へ注射して利用するのです。

Back to Top
Product has been added to your cart