Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

Available on backorder

HUMALOG 100iu 5 Vial



$113

**日本へのお客様**

もし発送品が税関で注射剤として見つかった場合、2020年より薬監証明の提示を求められます。

ご用意出来ない場合は発送元に返送する手続きを行ってください。

商品が当社に到着後、お知らせしますので再度発送料金をご入金頂いた後、再発送させていただきます。

**当製品は当社で在庫を抱えておりません。ご注文後ご入金頂いてから発注してから商品の発送させていただきます。この製品の販売価格は13,000円になります。

HUMALOG   100iu  5 Vial

1.インスリンの使用方法について
A:
インシュリンですがバルクアップサイクル時にのみ使用します。
使用方法としましては通常アナボリックサイクルと併用して使用します。
インシュリンはヒューマログでしたら通常はトレーニング直後に通常は7IUくらいの量から摂取します。
インシュリンの摂取方法ですがトレーニング直後にその日トレーニングした筋群に向けて注射し同時に大量の炭水化物(必要接種、単純炭水化物は1IUあたり7gですので、7IUでの注射の場合は49gの単純炭水化物+ほかに複合淡水化物と)一緒のプロテインシェイクで飲み、低血糖を防ぐ目的で栄養を取り入れますが、
ただし、ジャイアントセットで有名な、米国コーチが最近考案した方法ですとトレーニング直前にインシュリンを注射してトレー二ングを始めてトレーニング中にカーボドリンク+アミノ酸をこまめにそれも大量に摂取しながらトレーニングを行う方法がとられております。

他にも一日に5度6度に分けて食事をされているようでしたら、その都度食時前の30-50分前にインシュリンを各2IUほど取り入れる方法も取り入れた方が効果的だとされています。
つまり各食事前に2IU程のインシュリン+トレーニング直前もしくは直後にインシュリンを使用する方法です。
Q:
2.メリット・デメリットについて
※低血糖、ウエスト太くなるなど
A:
メリットとしては、成長ホルモンと併用して使用する事でマイオスタチン阻害効果も発揮しますし、通常のアナボリックサイクルより+して大体15%程筋肉量もより多く構築できます。

デメリットとしては、低血糖症状にほぼ確実になるので、無駄なバカ喰い症状が付きまとうので無駄な脂肪も付きやすくなります。
また、安価で使用ができるので、ずっと使い続ける事に慣れてしまいその事から、まるで依存したように一年中使い続けるパターンが多くみられます。
インスリンを外部から連続で投与を続けると内因性のインシュリンの分泌が抑制されますので、そのうち一生外部からインシュリンを注射しなければいけない体になります。

 

Back to Top
Product has been added to your cart