Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

In Stock

CUT STACK 225 (TOP) 225mg x 10ml/Vial



$100

**日本へのお客様**
もし発送品が税関で注射剤として見つかった場合、2020年より薬監証明の提示を求められます。
ご用意出来ない場合は発送元に返送する手続きを行ってください。
商品が当社に到着後、お知らせしますので再度発送料金をご入金頂いた後、再発送させていただきます。

CUT STACK 225 (TOP) 225mg x 10ml/Vial

Testosterone propionate 75mg/ml
Drostanolone Propionate (Masteron) 75mg/ml
Trenbolone Acetate 75mg/ml
Total 225mg/ml x 10ml/Vial

CUT Stack
効果的摂取量(男性)225-675mg/ 2日に一度
効果的摂取量(女性)お勧め出来ません
効果期間: 2-3日
検出期間: 5か月+

カットスタックは、アナボリックとアンドロゲンの両方の注射可能なステロイドであり、強度と筋肉組織の増加を促進し、男性の性欲を高めます。

エストロゲンの副作用
①プロピオン酸テストステロンは、体内でエストロゲンに反応します。アロマターゼ(エストロゲンシンテターゼ)酵素は、テストステロンのこの代謝に関与しています。エストロゲンレベルの上昇は、水分貯留の増加、体脂肪の増加、女性化乳房などの副作用を引き起こす可能性があります。テストステロンプロピオン酸塩は中程度のエストロゲンステロイドと見なされます。エストロゲンの副作用を防ぐために抗エストロゲンが必要な場合があります。代わりに、その合成を防ぐことによってエストロゲンをより効率的に制御するアロマターゼ阻害剤を使用することができる。エストロゲン性の副作用は用量依存的に起こり、高用量(通常の治療レベルを超える)では抗エストロゲンまたはアロマターゼ阻害剤の同時使用が必要になる可能性が高くなります。

②酢酸トレンボロンは体によって芳香化されず、測定可能なほどのエストロゲン性はありません。このステロイドは、プロゲステロン受容体に対して有意な結合親和性を示します。テストステロン産生の負のフィードバック阻害、体脂肪増加、女性化乳房など、プロゲステロンに関連する副作用が発生する可能性があります。抗エストロゲンの使用は、多くの場合、プロゲステロン同化/アンドロゲンステロイドによって引き起こされる女性化乳房を軽減するのに十分です。

③プロピオン酸ドロスタノロンは、体によって芳香化されず、測定可能なほどのエストロゲン性はありません。女性化乳房は敏感な人の間でも非常にまれであるため、このステロイドを使用する場合、抗エストロゲンの摂取は必要ありません。芳香族化できないDHT誘導体としてのプロピオン酸ドロスタノロンは、抗エストロゲン作用を与える可能性があり、薬物はアロマターゼ酵素への結合について他の(芳香族化可能な)基質と競合します。

アンドロゲンの副作用
同化ステロイドホルモンとアンドロゲンステロイドの両方に分類されますが、アンドロゲンの副作用は、特に高用量で、この物質に依然として一般的です。これには、脂性肌、にきび、および体/顔の毛の成長の発作が含まれる場合があります。

同化/アンドロゲンステロイドはまた男性型脱毛症を悪化させる場合があります。

女性は、特にテストステロンなどの強力なアンドロゲンを使用した場合、アナボリック/アンドロゲンステロイドの潜在的な男性化作用について警告されます。これらには、声の深化、月経不順、肌のきめの変化、顔の毛の成長、陰核の拡大などがあります。

肝毒性の副作用
肝毒性の影響がありません。

心血管系の副作用
同化/アンドロゲンステロイドは血清コレステロールに有害な影響を与える可能性があります。これには、HDL(善玉)コレステロール値を下げ、LDL(悪玉)コレステロール値を上げる傾向が含まれます。これにより、動脈硬化のリスクが高くなる方向にHDLとLDLのバランスがシフトする可能性があります。

同化/アンドロゲンステロイドの血清脂質への相対的な影響は、用量、投与経路(経口対注射可能)、ステロイドの種類(芳香族化可能または芳香化不可能)、および肝代謝に対する耐性のレベルに依存します。同化/アンドロゲンステロイドはまた、血圧に影響を与え、内皮弛緩を減少させ、左心室肥大する可能性があり、これらすべてが心血管疾患と心筋梗塞のリスクを高める可能性があります。

心血管系の緊張を軽減するために、アクティブな心血管運動プログラムを維持し、アクティブなステロイド投与中は常に飽和脂肪、コレステロール、および単純な炭水化物の摂取を最小限に抑えることをお勧めします。魚油と天然のコレステロール/抗酸化フォーミュラを補給することもお勧めします。

テストステロン抑制
すべての同化/アンドロゲンステロイドは内因性テストステロンの生産を抑制します。テストステロンは主要な男性アンドロゲンであり、内因性テストステロン産生に対して抑制する働きがあります。

テストステロンベースの薬は、同様に、天然ステロイドホルモンの視床下部調節に強い影響を及ぼします。テストステロン刺激物質の介入なしで、テストステロンレベルは投与をやめてから1-4ヶ月以内に正常に戻ります。

長期にわたる性腺機能低下性性腺機能低下症は、ステロイド乱用に続発する可能性があり、医学的介入が必要になることに注意してください。

男性服用時の用法
一般的に、2日に一度225-675mgの投与量で使用されます。また、刺激や感染を避けるために、注射部位を定期的に変える必要があります。注射は、90度の挿入角度で筋肉内(臀部または腕の奥深く)に投与する必要があります。

この薬は、通常5〜8週間続く長いサイクルで使用されたときに最も効果が表れます。
女性服用時の用法
女性は服用できません。
※カットカットスタック は、その強いアンドロゲン性と男性化の副作用を引き起こす傾向があるため、パフォーマンス向上の目的で女性に推奨されていません。

Back to Top
Product has been added to your cart