Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

In Stock

CJC1295(NO DAC) 5mg + Injection water ample



$40

**日本へのお客様**
もし発送品が税関で注射剤として見つかった場合、2020年より薬監証明の提示を求められます。
ご用意出来ない場合は発送元に返送する手続きを行ってください。
商品が当社に到着後、お知らせしますので再度発送料金をご入金頂いた後、再発送させていただきます。

**ただし、この商品は販売後の、返金には応じられませんのでご理解の上ご購入下さい。

CJC1295(NO DAC) 5mg + Injection water ample

CJC-1295dacなし
前書き
GHRHは、特にGHRPとペアになって、ペプチド間の相乗効果を生み出し、体自身の成長ホルモンの貯蔵を解き放ちます。多くのペプチドはそれ自体である程度の能力で機能しますが、GHRPと一緒にGHRHを実行​​することが最も有益です。これがCJC1295が非常に望ましい理由であり、ボディービルコミュニティで最も広く使用されているものの1つです。現在、どのCJC1295を使用するのが最適かが議論されています。 MOD GRF(CJC 1295 DACなし)は、下垂体GHパルスを増加させるために、GHRPとともに一般的に使用されますが、より頻繁な注射を行う必要があります。 DACを備えたCJC1295は、一連の小さなパルスになります。したがって、注射の頻度は少なくなります。多くの場合、週に2〜3回です。

考えられる副作用
水分貯留、うずき、しびれ、およびインスリンの減少は、CJC 1295の使用に関連している可能性があります。また、倦怠感、無気力感、頭のラッシュまたは陶酔感、かゆみも指摘されています。正の副作用は、除脂肪体重の増加、タンパク質合成の増加、回復の早さ、体脂肪の減少、骨密度の促進、および内臓と皮膚細胞の細胞刺激です。

投与量情報
再構成する方法
2mlの水をCJC1295 NO DACの各バイアルと混合します。必要なシリンジは2本のインスリン注射器。
一度に1本ずつ混ぜて冷蔵保存してください。

投薬量:
CJC1295 No DACの使用推奨量は一度に100-250mcgこれを朝、昼、晩の3回注射します。
使用例:
4iu(メモリ4の所で0.04ml分)ですと100mcg分に当たります。この量を3回注射する方法が初心者向けです。
上級者向けの使用方法となります。
10iu(メモリ10の所で0.1ml分)250mcgのCJC1295 NO DAC朝一番に、それから1時間待ってから食事をします。
10iu(メモリ10の所で0.1ml分)250mcgのCJC1295 NO DAC午後、食事の1時間後、炭水化物を1時間食べないでください。
夕方の最後の食事の少なくとも1時間後に10iu(メモリ10の所で0.1ml分)250mcgのCJC1295 NO DACの摂取

理想的には、最後の食事は、鶏肉、魚、赤身のステーキ、野菜などのタンパク質源でなければなりません。炭水化物のごく一部のみ。あなたがあなたの最後の食事に炭水化物なしですることができればさらに良いです。

Back to Top
Product has been added to your cart