Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

在庫あり

BICIPHAGE-500 Metformin HCL(メトホルミン)500mgx20錠



$4

BICIPHAGE-500 Metformin HCL(メトホルミン)500mgx20錠
作用と効果

筋肉での糖利用を促進したり、肝臓で糖をつくるのを抑制したりして血液中の糖(血糖値)を減らします。

通常、2型糖尿病の治療に用いられます。

使用上の注意

以前に薬を使用して、かゆみ、発疹などのアレルギー症状が出たことがある。以前に乳酸アシドーシスになったことがある。腎機能障害、透析、肝機能障害、心血管系障害、肺機能障害、過度のアルコール摂取、脱水症、胃腸障害、ケトーシス、糖尿病性昏睡または前昏睡、1型糖尿病、感染症、手術前後、外傷、栄養不良、飢餓状態、衰弱状態、脳下垂体機能障害、副腎機能障害がある。
妊娠、妊娠している可能性がある、授乳中
他に薬などを使っている(お互いに作用を強めたり、弱めたりする可能性もありますので、他に使用中の一般用医薬品や食品も含めて注意してください)。

用法・用量

通常、成人は1日1錠(主成分として500mg)を1日2~3回に分けて食直前または食後に服用することから始めます。維持量は、効果を見ながら決められますが、通常1日1.5錠~3錠(750mg~1,500mg)を1日2~3回に分けて服用します。10歳以上の小児は1日1錠(主成分として500mg)を1日2~3回に分けて食直前または食後に服用することから始めます。維持量は、効果を見ながら決められますが、通常1日1錠~3錠(500mg~1,500mg)を1日2~3回に分けて服用します。症状により適宜増減されますが、1日最大量は成人で4.5錠(2,250mg)、小児で4錠(2,000mg)です。必ず指示された服用方法に従ってください。

飲み忘れた場合は、次の服用の時間に1回分を飲んでください。絶対に2回分を一度に飲んではいけません。

誤って多く飲んだ場合は医師または薬剤師に相談してください。
医師の指示なしに、自分の判断で飲むのを止めないでください。

副作用

主な副作用として、下痢、吐き気、発疹、かゆみ、食欲不振、腹痛などが報告されています。このような症状に気づいたら、担当の医師または薬剤師に相談してください。
まれに下記のような症状があらわれ、[ ]内に示した副作用の初期症状である可能性があります。
このような場合には、使用をやめて、すぐに医師の診療を受けてください。

・悪心・嘔吐などの胃腸症状、倦怠感、筋肉痛 [乳酸アシドーシス]
・脱力感、空腹感、発汗 [低血糖]
・全身倦怠感、食欲不振、皮膚や白目が黄色くなる [肝機能障害、黄疸]
・手足の筋肉の痛み、こわばり、しびれ [横紋筋融解症]
以上の副作用はすべてを記載したものではありません。上記以外でも気になる症状が出た場合は、医師または薬剤師に相談してください。

メトホルミンは、アンチエイジングを促進する可能性がある

多くの糖尿病治療に使用されてきたメトホルミンは、抗老化特性についてヒトに対して検査されています。

研究者は、すでに約60年にわたって糖尿病を治療するために広く使用されているメトホルミンは、多くの追加の健康上の利点を有する可能性があると考えている。現在、そのアンチエイジング特性のために人間にテストされています。Nir Barzilai, MD, アルバート・アインシュタイン医科大学の高齢化研究研究所のディレクター, 現在、持久力のためのメトホルミンの臨床研究と評価に従事しています, 代謝や細胞プロセスにどのような影響を与える可能性があるかを分析します加齢に伴う条件の開発。これらの状態には、炎症、酸化、オートファジーの減少、細胞の老化およびアポトーシスが含まれる。専門家は、metrformin の使用が若年者に対するグルコース耐性を損傷している高齢の成人において、遺伝子発現プロファイルを改善する可能性があるかどうかを検討している。

「高齢者の治療を蓄積することで、病気を非常に蓄積する習慣を変えたい」Barzilia は医学の経済学に語った。「我々は、むしろ老化を防ぎ、それによって複数の病気の発症を予防します」と、彼女が付け加えました。Currey の主任研究者によると、カーディフ大学のクレイグ・は既に、癌および心血管疾患に対する利益を提供することが実証されている。2014の研究はすでに、sulphonylureas ではなく metroformin で治癒した患者の寿命が長くなったことを公表しており、metroformin は糖尿病患者への援助でもあることを推奨している。

メトホルミンは、細胞内に放出される酸素分子の数を増加させ、ロバスト性および長寿を後押しするように見える。これは、肝臓でのグルコース生産を抑制し、インスリン感受性を増加させることによって動作します, したがって、2型糖尿病の患者を恩恵します.

食品医薬品局は、糖尿病の治療以外の利点を分析するために、メトホルミン研究におけるターゲティング老化として知られているものについて、米国での臨床試験をグリーンに点灯させる。研究者は、癌、心疾患、または認知問題のような疾患を発症するか、またはリスクが高いかのいずれかに苦しむ約3000人の高齢者にメトホルミンを与えます。その後、6年にわたって、老化関連疾患の予防薬かどうかを追跡します。彼らはまた、それが糖尿病を予防し、寿命を延ばしているかどうかを見ています。それは二重盲検プラセボ対照研究になります

メトホルミンは、既に特定の微生物および哺乳動物における老化プロセスを遅らせることが実証されている。Barzilai は、それがステミング老化や疾患のブレークスルーや進歩に有用であることが判明することを期待し、FDA はその指示のためにそれを承認し、より良い治療を発見することができます

メトホルミン摂取による長寿になる仕組み

長寿効果が出る仕組みとして現在有力なルートが2つあります。
一つ目はサーチュイン遺伝子の活性化です。これはNMNやレスベラトロールなどがサーチュイン遺伝子活性作用を持っています。
二つ目はmTOR(エムトール)という酵素を抑制するルートです。
この酵素を抑制すると細胞内を掃除する仕組みであるオートファジーが働き細胞の機能や効率が回復し長寿効果が現れます。
mTORを抑制するには通常絶食状態にしなければならないのです。
糖質はもちろん、タンパク質も制限することでmTORが抑制されオートファジーが起こります。
それでは大変だと!他の方法でオートファジーを活性化したいと思うのが人間の考えです。
mTORを抑制する食べ物にはコーヒーに含まれるカフェインや、
それ以外に糖尿病薬のメトフォルミンやラパマイシンもmTORを抑制します。

mTORを抑制すると長寿になる

mTORを抑制すると加齢関連疾患が減り、長寿になる傾向があります。
メトフォルミンはmTORを抑制することで長寿効果が出るほかにTNFαやIL-6、NF-kBを抑制し抗炎症作用があります。
炎症は必ず活性酸素の発生を伴いますので抗炎症、抗酸化は年齢以上の老化予防の基本です。
また、メトフォルミンは糖化を抑制する作用がある為、老化の原因である糖化(グリケーション)の予防/改善につながりこれまたアンチエイジングに効果があります。
糖化が顔の肌のコラーゲン線維に起こると硬く弾力が失われていき黄ばんできます。
ハリがなくなりたるみが出る原因の一つですので糖化を抑制することも老化対策として重要なのです。

メトフォルミンの長期摂取のリスク

メトフォルミンの長期投与でビタミンB12の欠乏が起こります。
対策として特にアルコールを飲まれる方はビタミンB12の消費が速いのでメトフォルミンを飲む際にはビタミンB群とともに摂取するといいということです。
水溶性ビタミンサプリを毎朝飲む事をお勧めします。
水溶性のビタミン、例えばビタミンB群、Cは大量に摂取しても下痢を起こすだけですのでご自身の限界を知って摂取してほしいと思います。
体内で利用されなかった分は尿に排出されます。
総まとめ!!

• mTORを抑制すると長寿になる
• メトフォルミンはmTORを抑制する
• 現在アメリカで長寿効果を確かめる大規模な疫学調査が行われている
• メトフォルミンは抗糖化剤でもある
• メトフォルミンのリスクはビタミンB12欠乏症

Back to Top
Product has been added to your cart