Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

在庫あり

After pill(Levonorgestrel) 1.5㎎/Tab x 3Tabs



$18

After pill(Levonorgestrel) 1.5㎎/Tab x 3Tabs
【アフタ-ピルについて】使い方や副作用などの注意点

もし避妊に失敗した時にしないといけなくなるのが緊急避妊です。

トリキュラーやロエッテでも緊急避妊は可能ですが、確実に緊急避妊を行いたいと考えるのであればアフターピルが最適です。


男性もご自身の責任を果たす意味で常に携帯しておく製剤かと思います。


アフタ-ピルはノルレボ錠という緊急避妊専用薬のジェネリック薬となっており、日本でも人気の高いアフターピルです。

経口避妊薬を服用し忘れた時などの緊急避妊にも使うことができますので、もしもの時のために準備をしておくと安心です。


アフタ-ピルの服用方法


アフタ-ピルは緊急避妊が必要な時にだけ服用します。

緊急避妊が必要な性行為から72時間以内にアフタ-ピル1.5mgを1錠服用します。

また性行為から最大で120時間以内であれば緊急避妊が可能ですが、避妊効果は72時間を過ぎると大きく低下します。そのためなるべく早めの服用を心がけましょう。


アフタ-ピルは緊急時に服用する目的の薬となりますので、トリキュラーのような継続服用には不向きです。通常の避妊が目的の場合は、トリキュラーなどの経口避妊薬を使いましょう。


避妊の成功の証は消退出血


緊急避妊後に避妊が成功したと判断が出来るのは、消退出血が起こった時です。

消退出血とは、普段の生理と同じような出血が起こることで、消退出血が起これば緊急避妊は成功となります。


消退出血は予定していた生理日前後には起こりますので、生理予定日を1週間過ぎても出血がない場合は妊娠の可能性が高いです。


その場合は妊娠検査薬を使ったり、病院で検査をして貰う必要があります。


アフタ-ピルの服用時の注意


アフタ-ピルは性行為から最大120時間以内までであれば緊急避妊が可能ですが、時間の経過とともに避妊効果も低下します。また避妊成功率は100%ではないため、早めの服用がポイントになります。より避妊効果を高めるにはなるべく早めの服用が良いとされますので、できれば性行為から12時間以内に服用するようにしましょう。


またアフタ-ピル服用後消退出血が起こるまでは、妊娠の危険性が高くなります。
避妊が成功するまでは性行為を控えるなど、妊娠をしてしまうような状況を作らないように注意してください。


アフタ-ピルを服用してはいけない人


以下の状態が当てはまる人はアフタ-ピルに服用が禁止されています。


• ア二―ピルの成分にアレルギーなどの既往歴のある人

• 重篤な肝障害のある人

• 妊婦や授乳中の人


慎重に投与しないといけない人


また下記の状態にある人は服用には症状の悪化などが懸念されるため、慎重に投与しなければいけません。


• 肝障害のある人

• 心疾患のある人


併用注意となる薬


以下の薬はアフタ-ピルとの併用で効果が減退するなど相互作用がある恐れがああります。アフタ-ピルとの併用は医師と相談の上行うようにして下さい。


• 抗けいれん薬(フェノバルビタール,フェニトイン,プリミドン,カルバマゼピン)

• HIVプロテアーゼ阻害剤(リトナビル)

• 非ヌクレオシド系逆転写酵素阻害剤(エファビレンツ、リファブチン、リファンピシン)

• セントジョーンズワート(セイヨウオトギリソウ)


アフターピルの副作用について


アフタ-ピルには副作用がありますので、服用後に下記のような症状が出る人がいます。副作用の症状は服用から24時間以内には消失しますが、それ以降も続いたり、症状が酷い場合は病院を受診しましょう。


• 頭痛,傾眠、めまい

• 消退出血,不正子宮出血

• 吐き気、嘔吐、腹痛、倦怠感など

Back to Top
Product has been added to your cart