Due to the COVID 19 epidemic, orders may be processed with a slight delay

Search

Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com
Need help? Email: cs.strongconnection@gmail.com

In Stock

カベルゴリンCABGO-SURE 0.50 (Cabergoline) x 4tabs



$11

CABGO-SURE 0.50 (Cabergoline) x 4tabs

 

SEX Drugは男性のスタミナを助けることができる

この薬は男性の性的喜びを高めることができる

プロラクチン阻害:プロゲスチンベースの化合物(トレンボロンとナンドロロン・デカ)が使用されるときはいつでも、プロラクチンレベルは上昇します。カベルゴリンを使用してプロラクチンレベルを下げると、プロラクチンベースの女性化乳房を遠ざけ、性欲を強く保つことができます。

使用量

通常、成人は1週2回(3日間に1錠)、就寝前に経口服用してください。

 

・1回量0.25mgから始め、以後臨床症状を観察しながら、少なくとも2週間以上の間隔で1回量を0.25mgずつ増量し、維持量(標準1回量0.25-0.75mg)を定めてください。

 

・年齢、症状により適宜増減しますが、1回量の上限は1.0mgとします。

 

商品詳細

 

CABGO-SURE 0.50 (Cabergoline)0.5mgは、内分泌系のドパミン受容体を刺激することでプロラクチンの分泌を抑制する薬で、主に乳汁漏出症、高プロラクチン血性排卵障害、高プロラクチン血性下垂体腺腫(外科的処置を必要としない場合に限る)、産褥性乳汁分泌抑制などを含めたプロラクチン過剰分泌症の症状改善に使用します。

 

CABGO-SURE 0.50 (Cabergoline)の有効成分であるカベルゴリンはドパミン受容体刺激薬で、下垂体前葉のドパンミンD2受容体に直接作用しプロラクチン分泌を制御します。

この作用により経口投与後約3カ月ほどで血中プロラクチン値は正常範囲内に低下すると言われています。

 

またカベルゴリンは、中枢神経系に対しては黒質線条体のドパミンD2受容体に作用するため、日本ではパーキンソン病の治療薬としても承認されています。

 

プロラクチンは男性にも分泌されるホルモンで、射精オーガズムの後に急速に性欲を喪失させる作用があるとされ、またプロラクチンのレベルが高くなることで性的衝動が低下することが知られています。
CABGO-SURE 0.50 (Cabergoline)の有効成分であるカベルゴリンは、プロラクチンを著しく低下させることで男性の性的興奮が高まり、より強い射精を得ることができる作用もあるとの報告があります。

 

――――――――――――――

科学者たちは、男性のスタミナを増やすための錠剤の開発に近いと信じており、これが出来ればバイアグラほど人気が​​あるでしょう。

パーキンソン病の治療に使用されるこの薬物は、セックスの間に複数のオルガスムを維持する可能性を高めることが判明している。

試験では、薬物Cabergolinはホルモンプロラクチンの影響を最小限に抑えるために処方されました。ホルモンのプロラクチンは、男性によってオルガズムに達した週間後から生成されます。

我々はこれらの主題にインタビューし、それらが非常に急速に連続して複数のオルガスムを有することができたことを見出した。

ホルモンは、新しい勃起を防ぐことによって、より多くのセックスを求める男の欲求を軽減する効果があります。

通常、22歳から31歳までの健康な男性60名の試験の人々は、一度射精した後再びSEXするのに19分間の休憩が必要でした。

しかし、カベルゴリンを摂取した後、数分間で数回のオルガスムを持つことができました。

ドイツのエッセンでの試験に参加していた医療心理学者、マンフレッド・シェドロフスキーは、男性がオルガスムをより迅速に再開できるようにするために、リビドーを高めると述べた。

彼は言った: “我々は、プロラクチンがオルガスムの後に上昇し、おそらくプロラクチンが負のフィードバックシステムであるかもしれないと思った。

「この薬剤を服用した被験者はプロラクチン濃度が低下し、オルガスムが良好であり、不応期が短かったと報告されています。

新しい開発

“我々はこれらの主題にインタビューし、それらが非常に迅速な連続で複数のオルガスムを持つことができたことがわかった。

「これはオルガスムと性的欲求が脳内のプロラクチンとドーパミンによって制御されるという仮説を立てれば、非常にうまく座っている」

カベルゴリンはドイツで数ヶ月にわたり市場に出回っており、授乳を中止したい場合にはパーキンソン病の治療やミルクを産む女性の予防に使用されています。

インポテンス研究の国際誌に掲載される記事によると、この試験ではこの薬は男性に副作用がなかった。

研究者は現在、カベルゴリンが女性に同じ影響を及ぼすかどうかを調べるための試験を計画している。

バイアグラのような薬の市場は膨らみ、約10億ドルの価値があると考えられています。

カベルゴリンは同様の可能性を秘めていると考えられています。

Back to Top
Product has been added to your cart